それぞれの一番目指しな祭。

2020年 7月4日、5日

ほんまやったらあるはずだったフェス

毎年開催されたら行ってるフェス

世界で一番大好きなフェス

夏の始まり

夏が好きになったきっかけ

 

それが

 

 

京都大作戦

 

 

 

京都っていう地元で

大好きなバンドが主催の夏フェス

 

 

あーーーーー

なくなったの本当につらい

 

2013年から毎年行ってるから

毎年の恒例行事やし夏の始まりやし

これがなかったらこれから頑張れねぇよ〜

ってなっちゃうんよなぁ

 

 

京都大作戦があったからこれから

頑張れる糧になれた

 

だから今がある

 

教えてもらったことが沢山ある

 

乗り越えてこれたことがある

 

大好きな仲間と音楽聴いて楽しんで

ライブで感動して泣いて

あー生きててよかったって 

 

あー自分は間違ってないんだなぁって

 

もー色んなこと気付かせてもらえるフェス

 

 

 

来年は絶対開催されますように。

晴れますように。

 

しっかり来年まで生きます

頑張ります色々

頑張るから

またあの丘であの音を浴びれますように。

 

 

今日は晴れてよかった って思う。

 

f:id:NAYUTAlittle:20200706000102j:image

 

 

 

 

ほなまた。

梅雨入り。

雨降ってじとじと湿気まみれの毎日

クセ毛勢最大の敵、ついにやって参りました。

 

5月病よりも毎日のやる気が起こりません!

 

 

休みの日に色々とおうちグッズ買いに行って

部屋をカスタマイズしていってる所存でございます。

 

やっと手に入れたAKRacingのゲーミングチェア

まじでカッコ良すぎて座り心地も良すぎて満足中の満足

f:id:NAYUTAlittle:20200614002632j:image

 

あとSHIROちゃんのおかげでお部屋もいい匂いです

期間限定に弱いので期間限定買ってしまった

いい匂いだしおっけーかな

f:id:NAYUTAlittle:20200614002507j:image

 

じめっとした季節 エアコンの除湿してたら

湿度下がるけど寒くなりすぎるのなんとかならんかな

 

体調きーつけてすごしてこー

はやく夏になって

気兼ねなくお外出られる世界になっておくれ〜

 

 

またね。

 

birth.

「きっといい日になるよ」

 

ボソっと言われたその一言がなんだがグッときてる。

 

今日も仕事で明日も仕事

でも今日は夜更かしして明日は早起きしてみる

明日のことはまた明日考える

 

そう きっといい日になるから

 

なんでもない他人に言われたことなのに

心が気持ち良くなる

 

今日は晴れたらいいなぁ〜

他人にとっちゃどーでもいいなんでもない

普通の日なんだけど

やっぱり僕にとっては一番の日。

 

「本日の主役!」

っていうタスキかけて街を歩きたい本当は

まぁなんとかちゃっかりしっかり生きていこーう!

 

 

 

 

またね。

こんな世の中だから。

 『きっと世界の終わりもこんな風に

味気ない感じなんだろうな』

って新しいバンドの新譜も買いに行けないこの世の中

 

桜なんてとっくの昔に散ってしまったようだ

そう、もう4月なんてものは終わってしまった。

 

f:id:NAYUTAlittle:20200512122514j:image

 

そして5月病なんてものがない5月になってしまった。

 

 

だらだら〜っと過ごして終わる日々もいいけど

きっとこのままだったら何もせずに

すぐ歳をとってしまうんだろうなぁって思ってしまう。

 

家でできることしっかりやっていきたい

 

目標は高く意識も高く。

 

https://www.instagram.com/satoshi_nayuta_

フォローよろしくぅ

 

 

またね。

これまでとこれから。

ここに思い出が、そこにもあそこにも思い出が

だって22年間ずっとここで生きてきたから

 

f:id:NAYUTAlittle:20200326044353j:image

 

すぐ帰ってこれるって言うてしまえばそうなんやけど

やっぱり離れることには違いなくて

街を歩いていれば思い出が溢れ出してきて…

 

どこまでも何時でも

自転車走らせて誰かに会いに行ったなぁ。

夜の鴨川は暗くて怖かったけど

電灯の明かりが水面に映ってるの好きだったなぁ

 

たくさんの人に巡り合えてその時、その場所で

たくさんの思い出を作れて幸せでしかないです。

 

この感情に浸る時間が大切かなって思います。

 

22年間お世話になりました

京都最高!京都が大好きです

この場所にまた戻ってこれるように

もっと大人になってきます。

 

 

ここ最近世間的にも色々大変なことばっかりやけど

みんながんばってこー! 

 

そう、なんくるないさぁ〜でやっていこう!

ゆるくいこう なるようになる

 

 

ほなまた

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

すぐ会えるさ。

 

無題。

これもまた落ち着いたので

卒業制作について。

 

足を運んであなたのその目で見てくれた方、

SNSでチラッとでも見てくれた方

本当にありがとうございました。

 

バンドやってた時も思ったけど

自分のためにやったことが

誰かのためになるってことに意味があって

 

絵とか見るの初心者でなに描いてるのか

分からんとか思う人もいたと思う。

それでも見た時に何か感じてもらえたことがあるならば

僕は絵を描いた意味があるなって思いました。

 

実際、何人もの人がいい作品と言ってくれたし

伝えたいことはしっかり伝えられたと思ってる。

 

f:id:NAYUTAlittle:20200226201547j:image

 

こんな絵描いてます

こんな絵描いてました

ちゃんと伝えたいから伝えました

 

f:id:NAYUTAlittle:20200226203257j:imagef:id:NAYUTAlittle:20200226203304j:image

 

これからもいっぱい制作して行くつもりです

 

今後に期待! 楽しみしといて!

夢しかねぇぜ!!!

 

 

またね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ここに気付いてくれた人 ありがとう。

制作した絵と一緒に書いた文章を載せて終わります。

 

 

 

『過去、現在、未来』

20 年そこらの人生、「なんとなく」

で生きてきたかもしれないが

やることはやってきたつもりで、

その「なんとなく」が実を結んできた。

なんとなく考えたことは

なんとなくではなかったのかもしれない。

「大事なこと」と「大切なもの」は

だんだんわかってきたつもりだ。

しっかりと胸に刻まれている。

この目に映るものすべてが

美しいと感じた瞬間もあれば逆に、

この目に映るものすべて失くなってしまえ

だなんて感じてしまったこともあった。

何も悪くはない、それで良い、

それで良かった。と今だから言える。

「自分自身が今いる場所は過去があっての現在だ。

そして、今現在があるからこそこれからの

未来は存在する。過去行ってきたことに

何も間違いはなく、何も恐れることはない」

そう思えた。

たった1つのことで落ち込んだあの日、

たった1つのことで空を飛べたあの日、

たった1つのことだけで全てが変わった瞬間、

このままでいいと思えたんだ。

自分の進んでいる道が正しいのか

どうかだなんて誰かが決めることではない、

自分で進んでるんだ、信じて進もう。

眠れない夜に語った夢の話は

いつになったら叶うだろうか。

まだ先は長い、まだ先は長いんだ。

 

遠かった道のり。

ようやく自分自身的に落ち着いたんで

ブログというか日記というか

書きます。

 

将来のこと不安になってなって仕方なくて

何度も何度も嫌な思いして

自分的には頑張ってたけど

頑張れてなかったのかもしれないし

報われる日が全然来なかった。

ってのがずーっとあって

 

なんかやりたいことも

ほんとにやりたいことなのかとか 

どこに向かってアホみたいに

頑張ってるのかもわからなくて

認められない自分自身が嫌になったり

認めてくれない世界自体嫌いになっちゃったり

まぁ死にたいとかは一切思わんメンタルでは

生きてたけど。

 

人生そんなとんとん拍子に

うまくいくもんじゃないってことはわかってるけど

やっぱりそういってみたいじゃん?

 

山道を近道していくより遠回りして行った方が

色々な経験詰めてより素晴らしい景色が見えるんだよ。

とか言うけど近道してった奴らは

てっぺんで景色を見た時にはもう向こうの

ここより高い山を次は登ろうってなってるはず。

 

どっちにしろ

どこが自分自身のゴールかってわけなんやけど。

 

とりあえず、今一つ山を登って

頂上でおにぎりでも食べてるところです。

ちょっと休憩したら下り坂に気をつけて降りて

向こうの山でも登ってみようかなって思ってます。

 

ひとつのことで何回もケガして

諦めよかなって思ったりもして涙流して前見えんくて

しんどいしんどい言ってもまだゴールは遠くて

でもやっぱり諦めたくはなくて

時間はかかったけどこれはこれでよかったのかな。

 

f:id:NAYUTAlittle:20200217224125j:image

 

過去に否定はしません。

これからどんだけ険しい道あっても

頑張っていこって思いました。

 

 

ほなまた。